お産でいちばん大切なこととは何か

ミシェル・オダン 著 ; 大田康江 訳 ; 井上裕美 監訳

陣痛中の産婦の基本的ニーズをこのまま無視し続けていれば人類の存続は限りなく確実に難しくなっていく。鍵を握るのは「恥ずかしがりやのホルモン」オキシトシン。『プライマル・ヘルス』のオダン博士(産科医)が鳴らす人類の未来への警鐘。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プラスチックが医療にもたらした革命
  • 合成オキシトシン点滴は是か非か
  • 産科実践に新基準が必要な理由
  • ヒトの「生まれ方」の長期的影響
  • オキシトシンシステムに未来はあるか
  • 毒は徐々に効いてくる
  • もし私が赤ちゃんだったら
  • 塗り替えに成功した母子分離の歴史
  • 愛情ホルモンの分泌を左右する条件
  • オキシトシンは恥ずかしがりや
  • 自宅出産から学べること
  • 陣痛と帝王切開
  • 薬物に依存しない疼痛緩和
  • 薬漬けで行われてきた出産の将来
  • このままでいいのか?妊婦健診
  • 21世紀を生きる世代の第一の目標
  • プラスチック時代の出産のコスト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お産でいちばん大切なこととは何か
著作者等 Odent, Michel
井上 裕美
大田 康江
オダン ミシェル
書名ヨミ オサン デ イチバン タイセツ ナ コト トワ ナニカ : プラスチック ジダイ ノ シュッサン ト アイジョウ ホルモン ノ ミライ
書名別名 CHILDBIRTH IN THE AGE OF PLASTICS

プラスチック時代の出産と愛情ホルモンの未来

Osan de ichiban taisetsu na koto towa nanika
出版元 メディカ
刊行年月 2014.9
ページ数 167p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8404-4964-9
NCID BB16562871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22480144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想