血圧は147でも健康体!?

中原英臣, 大櫛陽一 著

健康診断&人間ドックとの正しいつき合い方とは?日本の「健康」が大きく揺らいでいる。日本人間ドック学会が公表した健診の新基準範囲が、従来の正常値に比べて大幅に緩和されたからだ。厳しい健診の基準範囲は予防医学的には有用かもしれないが、それによってムダな薬を処方され、副作用のリスクが高まっているとなれば話は別だ。白熱する健診基準値論争の中で、健診との正しいつき合い方を提示する!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本人間ドック学会"新ドック健診基準"の衝撃
  • 特別対談 健康診断&人間ドックの不都合な真実(中原英臣
  • 大櫛陽一)
  • 第2部 全公開!70万人の健診データを解析した年齢・男女別基準範囲(性差と年齢差は重要です
  • 基準値の決め方
  • 欧米と日本の相違
  • 脂質について
  • 血圧について ほか)
  • 特別付録 健康診断検査項目の"年齢・男女別基準範囲"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血圧は147でも健康体!?
著作者等 中原 英臣
大櫛 陽一
書名ヨミ ケツアツ ワ ヒャクヨンジュウナナ デモ ケンコウタイ
シリーズ名 新書y 285
出版元 洋泉社
刊行年月 2014.9
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8003-0453-7
NCID BB16549884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22468564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想