一念多念文意

内藤知康 著

法然聖人門下の兄弟子である隆寛律師が引用されたご文を参考としながら、親鸞聖人が信心による救いを述べられた『一念多念文意』。この文の真髄を長年の学究を通して、多角的、かつ平易に解説する。本文・現代語訳・講読の構成で詳解。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに『一念多念文意』について
  • 臨終と平生
  • 本願の成就
  • 必至滅度の願
  • 凡夫の救い
  • 摂取の光明
  • 弥勒付属の文
  • 念仏の相続
  • お念仏一筋の道
  • 釈尊の本意
  • 不虚作住持功徳とは
  • 法義のかなめ
  • 一念多念と信心
  • おわりに 信心一つによる救い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一念多念文意
著作者等 内藤 知康
書名ヨミ イチネン タネン モンイ
書名別名 Ichinen tanen mon'i
シリーズ名 一念多念証文
聖典セミナー
出版元 本願寺出版社
刊行年月 2014.9
ページ数 196p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89416-504-5
NCID BB16612663
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22466381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想