セザンヌ画家のメチエ

前田英樹 著

山、川、雲、岩、樹木、家、林檎、農夫…プロヴァンスの自然に強いられ、肉体を酷使し続ける、仕事の犬=セザンヌ。驚くべき絵画表現を可能にした、画家の感覚の秘密を一挙に解き明かし、絵画の魅力の根源を論じきった、まったく新しいセザンヌ論の誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 仕事の犬
  • オーヴェールの光
  • 第一回印象派展
  • 顕われるモチーフ
  • 色斑から色の「プラン」へ
  • 純粋感覚
  • マンシーの橋
  • 静物、置かれる自然
  • 画家の肖像
  • 妻、オルタンス〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セザンヌ画家のメチエ
著作者等 前田 英樹
書名ヨミ セザンヌ ガカ ノ メチエ
書名別名 Sezannu gaka no mechie
出版元 青土社
刊行年月 2000.2
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 4791757947
NCID BA46019383
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想