まちづくりのための交通戦略 : パッケージ・アプローチのすすめ

山中英生, 小谷通泰, 新田保次 著

人と環境にやさしい交通をめざして。都市生活の姿を変えていくには、明確な目的とビジョンをもった「戦略」が必要であり、その目的を達成するために様々な手法を絡めるパッケージ・アプローチが決め手になる。その理論と手法を示し、海外の事例、日本で始まった社会実験の意義を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 都市交通戦略の視点とパッケージ・アプローチの考え方
  • 2 都市交通戦略を構成する手法(都市サイドへのアプローチ-交通負荷の少ない都市づくり
  • 行動へのアプローチ
  • 自動車交通へのアプローチ
  • 公共交通へのアプローチ ほか)
  • 3 事例にみる都市交通戦略とパッケージ・アプローチ(都心環境再生のための交通パッケージ-フランス・ストラスブール
  • メトロを中心とした公共交通システムの統合化-イギリス・タイン・アンド・ウェァ都市県
  • LRTとバスによるコリドー・パッケージ-イギリス・ウエスト・ミッドランド都市県、バーミンガム
  • 都心部流入車両からの賦課金徴収と都市交通基盤の整備-ノルウェー・ベルゲン、オスロ、トロンハイム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 まちづくりのための交通戦略 : パッケージ・アプローチのすすめ
著作者等 小谷 通泰
山中 英生
新田 保次
書名ヨミ マチズクリ ノ タメノ コウツウ センリャク : パッケージ アプローチ ノ ススメ
書名別名 Machizukuri no tameno kotsu senryaku
出版元 学芸出版社
刊行年月 2000.5
ページ数 175p
大きさ 26cm
ISBN 4761530847
NCID BA46953305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20072400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想