精神療法家の仕事

成田善弘 著

面接論の名著、待望の新訂版登場!心理療法面接のプロセスを丁寧に追いながら、予診、診断、見立て、治療的介入の技術を解説、さらに現場で起こりうるあらゆる状況を想定し、緊急の電話、自殺企図や自傷、暴力などの困難な事態での対処法、そして、患者への話し方、治療者-患者関係において大事なこと、等を明快な文章で説く。初心者から中級者まで、実践的な精神療法面接の懇切な指導書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 面接のはじまり
  • 沈黙と言葉
  • 治療者の介入
  • 転移/逆転移と解釈
  • 面接のおわり
  • 短い面接について
  • 精神療法家にとっての理論と経験
  • 「書く」ことについて
  • 治療者のメンタル・ヘルス
  • 精神療法家のライフサイクル
  • 治療者自身の心の響きを知る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神療法家の仕事
著作者等 成田 善弘
書名ヨミ セイシン リョウホウカ ノ シゴト : メンセツ ト メンセツシャ
書名別名 面接と面接者
出版元 金剛
刊行年月 2014.8
版表示 新版
ページ数 263p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7724-1375-6
NCID BB16502905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22457714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想