世界はなぜ月をめざすのか

佐伯和人 著

いま、新たな「大航海時代」が始まった!アポロ計画終了から40年余がたち、人々のあいだにはいつしか「いまさら月に行く必要はない」といった認識さえ広まっている。だが、世界ではいま、アメリカ、中国、ロシアなどを中心に、月の探査・開発をめぐる競争が水面下で始まっているのだ。世界はなぜ月をめざすのか?日本は何をめざせばよいのか?「かぐや2」計画に携わる著者が示す「宇宙大航海時代」の針路!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 月探査のブーム、ふたたび到来!
  • 人類の次のフロンティアは月である
  • 今夜の月が違って見えるはなし
  • 月がわかる「8つの地形」を見にいこう
  • これだけは知っておきたい「月科学の基礎知識」
  • 「かぐや」があげた画期的な成果
  • 月の「資源」をどう利用するか
  • 「月以前」「月以後」のフロンティア
  • 今後の月科学の大発見を予想する
  • 宇宙開発における日本の役割とは
  • 月と地球と人類の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界はなぜ月をめざすのか
著作者等 佐伯 和人
宇宙航空研究開発機構
書名ヨミ セカイ ワ ナゼ ツキ オ メザス ノカ : ゲツメン ニ タツ タメ ノ チシキ ト センリャク
書名別名 月面に立つための知識と戦略
シリーズ名 ブルーバックス B-1878
出版元 講談社
刊行年月 2014.8
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257878-3
NCID BB16331824
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22459547
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想