一筆啓上旅の空

中尾彬 著

余命宣告された52歳の末期がん患者は、「もう治療法がない」と告げた若き外科医を恨み、セカンドオピニオン、新たな抗がん剤、免疫細胞療法、ホスピスへと流浪する。2人に1人ががんになる時代、「悪い医者」とは何かを問う、第3回日本医療小説大賞受賞の衝撃作。

「BOOKデータベース」より

ヨーロッパにスケッチに出かけ、中国で三国志の時代に思いを馳せる。インドネシアの熱、韓国の冷気、そして日本の忘れがたい町々…。土地の飯を喰らい酒を飲めば、酔うほどに旅は自分の生活になる。名優・中尾彬が自然体でのんびりと旅先を楽しんだ、地球サイズの旅行指南書。読むと旅に出たくなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 憂愁のヨーロッパ
  • 深遠なるアジア
  • 灼熱の楽園
  • 旅情さそう町々
  • 馴染み深き東京・下町

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一筆啓上旅の空
著作者等 中尾 彬
久坂部 羊
書名ヨミ イッピツ ケイジョウ タビ ノ ソラ
書名別名 Ippitsu keijo tabi no sora
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.4
版表示 改訂版
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 4062648423
全国書誌番号
20063048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想