日本映画史110年

四方田犬彦 著

日本映画史の全貌を明らかにした集英社新書『日本映画史100年』(二〇〇〇年刊行)。映画ファンの座右の書として、映画を学ぶ人必携のテキストとして、長きにわたり版を重ねてきた。そして刊行から一〇年以上。この間、日本映画は劇的な変貌を遂げた。製作本数の激増、フィルムからデジタルデータへの記録媒体の変化、インターネット配信への配給…本書はそうした日本映画を巡る近年の状況を踏まえ、最新の研究成果も織り込みながら、新たなる論考を加えた増補改訂版にして決定版である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本映画の特徴について
  • 活動写真1896〜1918
  • 無声映画の成熟1917〜30
  • 最初の黄金時代1927〜40
  • 戦時下の日本映画
  • 植民地・占領地における映画製作
  • アメリカ占領下の日本映画1945〜52
  • 第二の全盛時代へ1952〜60
  • 騒々しくも、ゆるやかな下降1961〜70
  • 衰退と停滞の日々1971〜80
  • スタジオシステムの解体1981〜90
  • インディーズの全盛へ1991〜2000
  • 製作バブルのなかで2001〜11

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本映画史110年
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ニホン エイガシ ヒャクジュウネン
書名別名 Nihon eigashi hyakujunen
シリーズ名 集英社新書 0752
出版元 集英社
刊行年月 2014.8
版表示 増補改訂版
ページ数 264,22p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720752-1
NCID BB16330559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22456134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想