アントロポゾフィー協会の進化について

パウル・マッカイ 著 ; 入間カイ 訳

[目次]

  • 秘教性と公共性-アントロポゾフィー協会の「明らかなる秘密」について(アントロポゾフィー協会の進化について
  • アントロポゾフィー協会の課題について
  • いかにすればクリスマス会議の基盤に立ちつつ、世界への架け橋を形成できるか?)
  • ミカエル共同体としてのアントロポゾフィー協会-礎石のことばにおける「私たち」について(個性化と現代の社会的要請
  • 礎石のリズムと人間本質の構成要素
  • 霊我の質的表現としての「私たち」
  • カルマ連関における原則と例外
  • 九世紀の出来事
  • 四世紀の出来事
  • 死の秘儀と悪の秘儀
  • 第二の磔刑と復活
  • 自由意志からの行為
  • カルマの真実の再生)
  • 付録(礎石のことば
  • 定礎の言葉(上松佑二訳)
  • 黒板に書かれた"リズム")

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アントロポゾフィー協会の進化について
著作者等 Mackay, Paul
入間 カイ
マッカイ パウル
書名ヨミ アントロポゾフィー キョウカイ ノ シンカ ニ ツイテ
書名別名 Die Anthroposophische Gesellschaft als Michael-Gemeinschaft

Esoterik und Öffentlichkeit-Zum offenbaren Geheimnis der Anthroposophischen Gesellschaft
出版元 水声社
刊行年月 2014.8
ページ数 167p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8010-0054-4
NCID BB16496835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22454966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想