宗教と公共空間

島薗進, 磯前順一 編

[目次]

  • 沈黙の眼差しの前で
  • 1 欧米理論の批判的考察("公共宗教"再考-排除と複数性、そして世俗主義
  • 二つの世俗主義-公共宗教論の更新
  • 公共圏における宗教-宗教的市民と世俗的市民による「理性の公共的使用」のための認知的前提
  • 世俗化時代のヨーロッパ
  • 宗教と公共性-「境界」から「空間」へ)
  • 2 アジアの経験からの再検討(宗教と政治のあいだで-我が父、ムハンマド・アサド
  • 植民地近代と公共性-変容する公共性の地平
  • 現代韓国における宗教と公共領域
  • 現代インドにおける宗教と公共圏
  • 現代日本の宗教と公共性-国家神道復興と宗教教団の公共空間への参与)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教と公共空間
著作者等 Asad, Talal
Habermas, Jürgen
Hölscher, Lucian
尹 海東
島薗 進
田辺 明生
磯前 順一
茢田 真司
藤本 龍児
鏑木 政彦
金 泰勲
沈 熙燦
書名ヨミ シュウキョウ ト コウキョウ クウカン : ミナオサレル シュウキョウ ノ ヤクワリ
書名別名 見直される宗教の役割

Shukyo to kokyo kukan
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2014.7
ページ数 294p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-010410-4
NCID BB16240274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22454790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想