未闘病記

笙野頼子 著

2013年2月、突然の高熱と激痛に襲われた作家は膠原病の一種、混合性結合組織病と診断される。不治、希少、専門医にも予測が難しいその病状…劇薬の副作用、周囲からの誤解、深まる孤立感。だが長年苦しんできたこの「持病」ゆえの、生き難さは創作の源だった。それと知らぬままに病と「同行二人」で生き、書き続けた半生をここに-。芥川賞作家のアラ還"教授"と15歳猫の静かな日常、猫は闘病中そして飼い主は難病と判明!!!あとがき「去年は満開の桜を静かに見ていた」書下ろし収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未闘病記
著作者等 笙野 頼子
書名ヨミ ミトウビョウキ : コウゲンビョウ コンゴウセイ ケツゴウ ソシキビョウ ノ
書名別名 膠原病、「混合性結合組織病」の

Mitobyoki
出版元 講談社
刊行年月 2014.7
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-219016-9
NCID BB1634508X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22451426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想