ピンク映画史

二階堂卓也 著

ピンク映画はなぜ生まれたのか-ピンク前史〜70年代の「ポルノ」時代到来へ。東映は「ニューポルノ」、日活は「ロマンポルノ」を製作。松竹も子会社を設け、成人映画の製作に乗り出した。いま、往事の勢いはないが平成になっても「ピンク映画」が滅びることはない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ピンク映画前史
  • 五輪ピンクイヤー・一九六四
  • 国映対大蔵映画
  • その製作と配給と興行
  • ピンク映画に挑んだ人々
  • ピンク映画のあの手この手
  • 拡大する桃色攻勢
  • 六〇年代グラフィティ
  • 銀幕を彩った女優たち
  • ピンクからポルノへ
  • 東映ピンクの勃興
  • 若松孝二のマイウェイ
  • 商魂一代・向井寛
  • ポルノからピンクへ
  • 新世紀を超えて
  • ピンク映画は滅びない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピンク映画史
著作者等 二階堂 卓也
書名ヨミ ピンク エイガシ : ヨクボウ ノ ムキダシ
書名別名 欲望のむきだし
シリーズ名 えろこれ
出版元 彩流社
刊行年月 2014.8
ページ数 395p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-2029-9
NCID BB16249155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22446924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想