処女神

植島啓司 著

慈愛と破壊、母性と処女性…相反する属性を宿す生き神。少女の姿をした神は、国王をも跪かせる霊力を持つ-。ダライ・ラマのように輪廻転生する、ネパールのクマリ。神となる少女から、観音菩薩、マリアなど女神信仰の系譜を読み解く。長期フィールドワークにもとづく渾身作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 処女神クマリとの出会い
  • インドラの祭り(インドラジャトラ)
  • 百年の孤独
  • 女神の源流を求めて
  • 仏教とは何か
  • 美人の条件
  • ロリータ
  • 祭りの全体像
  • 美の化身アプロディテ
  • ロイヤル・クマリ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 処女神
著作者等 植島 啓司
書名ヨミ ショジョシン : ショウジョ ガ カミ ニ ナル トキ
書名別名 少女が神になるとき
出版元 集英社
刊行年月 2014.7
ページ数 316p 図版32p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-08-771564-4
NCID BB16131326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22448142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想