日本人捕虜  下

秦郁彦 著

丹念な調査と史料踏破をもとに刊行された旧版に、その後の情報による補正を付した決定版。日本人捕虜の生きた姿を明らかにしつつも、感情論に流れず、システムの面から冷静に分析を加えた、特異なテーマを扱った第一級の歴史書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パイタ収容所の集団自決-ナンバーワン・サトウ出撃せず
  • 再考・海軍乙事件-福留中将自決せず
  • ビカネール収容所に生きた人びと-ある韓国空軍英雄も
  • シッタンに散った日赤看護婦
  • 日本軍前代未聞の集団投降-東部ニューギニア戦線の竹永隊
  • シベリア抑留-収容所群島に生きた日本人
  • 太平洋戦場の日本人捕虜(南太平洋
  • 中部太平洋
  • インド・ビルマ
  • 敗戦前後)
  • 総括

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人捕虜
著作者等 秦 郁彦
書名ヨミ ニホンジン ホリョ : ハクソンコウ カラ シベリア ヨクリュウ マデ
書名別名 白村江からシベリア抑留まで

Nihonjin horyo
シリーズ名 中公文庫 は36-13
巻冊次
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.7
版表示 決定版
ページ数 454p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205987-0
NCID BB16299991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22458936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想