新編特攻体験と戦後

島尾敏雄, 吉田満 著

太平洋戦争で「特攻死」を目前に生き残った若者たちは、何を思い、戦後をどう生きてきたか。戦争を文学作品として記録した二人の作家が、戦艦大和からの生還、震洋特攻隊隊長という極限の実体験とそれぞれの思いを語り合う。同世代の橋川文三、吉本隆明、鶴見俊輔の関連エッセイを追加した新編増補版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(特攻体験と戦後
  • 近くて遠い人
  • 特攻隊体験
  • 島尾さんとの出会い
  • 旧版解説)
  • 2(戦中派とその「時間」
  • 島尾敏雄-戦争世代のおおきな砦
  • 吉田満-戦中派が戦後を生きた道)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編特攻体験と戦後
著作者等 吉本 隆明
吉田 満
島尾 敏雄
橋川 文三
鶴見 俊輔
書名ヨミ シンペン トッコウ タイケン ト センゴ
シリーズ名 中公文庫 し10-5
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.7
ページ数 220p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205984-9
NCID BB16295469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22460389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想