脳が語る科学

養老孟司 ほか著

科学の最先端からインターネット、セックスレス、オウム真理教、「もののけ姫」まで、各界の第一人者たちとともに、「唯脳論」の解剖学者が、科学と人類の行方を見据える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 科学の終焉(中沢新一)
  • 現代社会と科学(佐藤文隆
  • 中村雄二郎)
  • 自然とインタラクトする認知科学(安西祐一郎)
  • 何がオウムを生んだのか(青木保)
  • インターネット唯脳論(多田富雄)
  • 人間動物園とセックスレス(中川志郎)
  • 「里山」の環境と「里山」が育む心(今森光彦)
  • 人はなぜ笑うのか?(山口昌男)
  • もののけ姫の向こうに見えるもの(宮崎駿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳が語る科学
著作者等 中川 志郎
中村 雄二郎
中沢 新一
今森 光彦
佐藤 文隆
多田 富雄
安西 祐一郎
宮崎 駿
山口 昌男
青木 保
養老 孟司
書名ヨミ ノウ ガ カタル カガク
書名別名 No ga kataru kagaku
シリーズ名 養老孟司対談集 / 養老孟司 ほか著
出版元 青土社
刊行年月 1999.8
ページ数 250p
大きさ 20cm
ISBN 4791757335
NCID BA42317506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20065999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想