ディルタイ全集  第9巻

ディルタイ [著] ; 西村晧, 牧野英二 編集代表

近代ドイツ思想の真髄を示す伝記的研究の最高傑作。観念論哲学やロマン派文学と歩みをともにし、近代の新しい宗教性を告知した神学者の生涯を、西洋精神史の全体的地平のなかで叙述した伝記研究の白眉にして不朽の書。待望の本邦初訳!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 青少年時代と最初の人間形成 一七六八年‐一七九六年(家系の宗教的精神
  • ヘルンフート派の教育 ほか)
  • 第2部 充実した生活-自らの世界観を生き生きと叙述した時期 一七九六年‐一八〇二年(新しい世界観の形成としてのドイツ文学
  • ベルリン ほか)
  • 第3部 シュトルプでの孤独-プラトンの再興と新しい倫理学の批判的な準備(離別と新たな人間関係
  • シュトルプ ほか)
  • 第4部 ハレ-大学‐体系‐キリスト教との対決(ヴュルツブルクへの招聘とハレでの教授職
  • ハレ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディルタイ全集
著作者等 Dilthey, Wilhelm
三浦 国泰
森田 孝
牧野 英二
竹田 純郎
薗田 坦
西村 皓
麻生 建
齋藤 智志
書名ヨミ ディルタイ ゼンシュウ
書名別名 シュライアーマッハーの生涯. 上

Dirutai zenshu
巻冊次 第9巻
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2014.7
ページ数 1262,20p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-12109-8
NCID BB16087825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22461931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想