日本人のわすれもの

岩田重則 著

『忘れられた日本人』をそのままの事実として受けとってはならない。事実とフィクションの間を自由自在に渡り歩く宮本独自のハナシ集として読むことでみえてくる人生の肯定性。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ハナシとして読む
  • 第1章 『忘れられた日本人』の位置(『忘れられた日本人』の書誌
  • 民話論と宮本常一のハナシ)
  • 第2章 事実とフィクションのあいだ(ムラの共通認識
  • 共同性の理想化)
  • 第3章 漂泊民的世界の理想化(「土佐源氏」のハナシ
  • 基準としての漂泊民的世界)
  • 終章 わすれもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人のわすれもの
著作者等 岩田 重則
書名ヨミ ニホンジン ノ ワスレモノ : ミヤモト ツネイチ ワスレラレタ ニホンジン オ ヨミナオス
書名別名 宮本常一『忘れられた日本人』を読み直す

Nihonjin no wasuremono
シリーズ名 忘れられた日本人
いま読む!名著
出版元 現代書館
刊行年月 2014.7
ページ数 196p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-1003-5
NCID BB16202730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22442301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想