モロッコ流謫

四方田犬彦 著

モロッコは人の運命を変える。青く高い空によって、音楽の陶酔によって、いや、何よりも魔術によって。ポール・ボウルズとその妻ジェイン。バロウズ。ジュネ。バルト。石川三四郎…。モロッコは人を砂漠の静寂へと導き、夢想と放浪を説いてやまない。十年にわたりこの神秘の国に魅惑された著者による、旅行記と比較文学論の、みごとな結合。伊藤整文学賞、講談社エッセイ賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 蜃気楼の港-タンジェ
  • 第2章 蜘蛛の迷路-フェズ
  • 第3章 砂と書物-アトラス越え
  • 第4章 地中海の余白-タンジェ、ララーシュ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モロッコ流謫
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ モロッコ ルタク
シリーズ名 ちくま文庫 よ28-3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.7
ページ数 376p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43185-1
NCID BB16108492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22474684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想