領土という病

岩下明裕 編著

研究者・ジャーナリストが集い、日本の領土・国境問題を熱く議論。社会に蔓延する思い込みと幻想を撃つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「領土の罠」をどう乗り越えるか(政治地理学から見た領土論の罠
  • 竹島問題で海域が見えないことの罠 ほか)
  • 第2章 「領土問題」-ジャーナリズムの責任を問う(領土を論ずるスリルと怖さ
  • 座談会・領土問題と向き合う)
  • 第3章 歴史を時代に即して理解する(安倍・プーチン首脳会談
  • イルクーツク会談再評価の危うさ ほか)
  • 第4章 「領土ナショナリズム」と闘う(「生活圏」のリアリティ
  • 日台漁業取決めと馬英九「東シナ海平和イニシアチブ」 ほか)
  • 第5章 「売国奴」からのメッセージ(大国主義化する中国に物申す
  • 大国主義の来歴を問う ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 領土という病
著作者等 和田 春樹
土佐 弘之
天児 慧
山崎 孝史
岡田 充
岩下 明裕
本田 良一
本間 浩昭
福原 裕二
若宮 啓文
書名ヨミ リョウド ト イウ ヤマイ : コッキョウ ナショナリズム エノ ショホウセン
書名別名 国境ナショナリズムへの処方箋

Ryodo to iu yamai
出版元 北海道大学出版会
刊行年月 2014.7
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8329-6792-2
NCID BB16097895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22447654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想