戦後史のなかの日本社会党 : その理想主義とは何であったのか

原彬久 著

敗戦直後、日本社会党が誕生した。戦前の無産政党を糾合し、「社会主義国日本」を目指しての結党である。しかし以後半世紀、一度として単独政権を打ち樹てることなく、ついに崩落した。社会党の歴史は、日米安保体制=自由主義陣営を打破する闘いとそれに絡まる路線・派閥抗争の軌跡でもある。ソ連型社会主義と共振するその「理想主義」は、議会制民主主義と相容れない側面をもっていた。日本社会党を通して、戦後日本の全体像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後社会主義の出発
  • 「日米安保」を求めて
  • 講和・安保に臨んで
  • 60年安保の疾走
  • 後期冷戦のなかで
  • 冷戦終焉と日本社会党の崩落
  • 日本社会党の「理想主義」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後史のなかの日本社会党 : その理想主義とは何であったのか
著作者等 原 彬久
書名ヨミ センゴシ ノ ナカ ノ ニホン シャカイトウ : ソノ リソウ シュギ トワ ナンデアッタノカ
書名別名 Sengoshi no naka no nihon shakaito
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.3
ページ数 373p
大きさ 18cm
ISBN 4121015223
NCID BA45903094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想