牛は実在するのだ! : インドの実在論哲学『勝宗十句義論』を読む

宮元啓一 著

あるものはある。ないものはある。実在するものは知られうるし、言語で表現できる。逆に、知られるもの表現できるものは必ず実在する。インド実在論の源流ヴァイシェーシカ学派、現存最古の綱要書『勝宗十句義論』をわかりやすく読み解き、いまなお斬新な知の体系を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 分類と定義(10カテゴリーの列挙
  • 実体の分類と定義
  • 性質の分類と定義
  • 運動の分類と定義 ほか)
  • 第2章 カテゴリーそれぞれの特性と相違点(実体について
  • 性質について
  • 運動について
  • 普遍について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 牛は実在するのだ! : インドの実在論哲学『勝宗十句義論』を読む
著作者等 宮元 啓一
書名ヨミ ウシ ワ ジツザイスルノダ : インド ノ ジツザイロン テツガク ショウジュウ ジックギ ロン オ ヨム
書名別名 Ushi wa jitsuzaisurunoda
出版元 青土社
刊行年月 1999.10
ページ数 250, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4791757556
NCID BA44249597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想