ウォールデン

ヘンリー・D.ソロー 著 ; 酒本雅之 訳

1945年夏、ヘンリー・ソローはウォールデン池のほとりに自分で家を建て、以後2年2カ月におよぶひとり暮らしを始めた。アメリカが経済原理に取りつかれ始めたその時代、彼はそんな社会のあり方に疑問をもち、人間精神の復権を目指して、社会の外側で生きることを実践した。本書『ウォールデン』は、その実証の記録である。そして人間界とはうらはらに、伸びやかで自由な野性世界の、実に魅力的な宝庫でもある。ソローの思想を忠実に訳文に反映させた、古典的名著の新訳決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生計
  • 暮らした場所、暮らした目的
  • 読書
  • さまざまな音
  • ひとり暮らし
  • 訪問者たち
  • マメ畑
  • さまざまな池
  • ベイカー農場〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウォールデン
著作者等 Thoreau, Henry David
酒本 雅之
ソロー ヘンリー・D.
書名ヨミ ウォールデン
書名別名 Walden,or,life in the woods
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.3
ページ数 541p
大きさ 15cm
ISBN 4480085475
NCID BA46260386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想