哲学問題としてのテクノロジー : ダイダロスの迷宮と翼

室井尚 著

バイオ、ナノ、コンピュータ-三つの究極のテクノロジー。生命・物質・情報を「編集」する驚異の技術を手に、人類はどこへ行くのか?解体する「主体」。「知」の根源的変容。怪物と化した「システム」…。「生命」「時間」の視点から、「知」とテクノロジーと自由の新たなあり方を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 知の行方
  • 第1章 技術の哲学史
  • 第2章 文明のソフトウェア
  • 第3章 「主体」の終焉
  • 第4章 三つの技術と二つの文化
  • 第5章 情報テクノロジーのパラドクス
  • 第6章 生命とアナザーワールド
  • 第7章 文化の気象学のために-結びにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学問題としてのテクノロジー : ダイダロスの迷宮と翼
著作者等 室井 尚
書名ヨミ テツガク モンダイ ト シテノ テクノロジー : ダイダロス ノ メイキュウ ト ツバサ
シリーズ名 講談社選書メチエ 183
出版元 講談社
刊行年月 2000.4
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 4062581833
NCID BA46118614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20057232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想