バーナード・ショー世界と舞台 : イプセンからブレヒトまで

清水義和 著

本書はバーナード・ショーの劇と評論に関する論文集である。扱った劇は中期から後期にかけての作品である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『アンドロクルスとライオン』
  • 2 『聖女ジャンヌ・ダルク』
  • 3 『真実すぎてかえって悪い』
  • 4 『アップル・カート』
  • 5 イプセン『人形の家』、ショー『ピグマリオン』、ブレヒト『肝っ玉お母さんと子供達』
  • 6 イプセン『ロスメル邸』、ショー『暗礁に乗り上げて』、ブレヒト『母』
  • 7 イプセン『棟梁ソルネス』、ショー『医者のジレンマ』、ブレヒト『ガリレイの生涯』
  • 8 言葉と表記法
  • 9 コミューニケイティブ行為の理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バーナード・ショー世界と舞台 : イプセンからブレヒトまで
著作者等 清水 義和
書名ヨミ バーナード ショー セカイ ト ブタイ : イプセン カラ ブレヒト マデ
書名別名 Banado sho sekai to butai
出版元 文化書房博文社
刊行年月 2000.3
ページ数 178p
大きさ 22cm
ISBN 4830109084
NCID BA46786655
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20056974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想