我々はなぜ戦争をしたのか : 米国・ベトナム敵との対話

東大作 著

ベトナム側300万人、アメリカ側六万人もの命を奪ったベトナム戦争。冷戦下における最大のこの「熱い戦争」を回避する、あるいは早期に終結させる道はなかったのか。マクナマラ元米国防長官の提唱による非公開討議が、1997年6月、ハノイで四日間にわたって行われた。戦争当時の両国指導者たちによる冷静な検証と白熱した論議の中から浮かび上がる、数々の驚くべき事実…。同題の「NHKスペシャル」(1998年8月2日放送)をもとに再構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 敵との対話はこうして始まった
  • 第2章 戦争目的は何だったのか
  • 第3章 戦争回避の道はなぜ消えたのか
  • 第4章 プレイク事件と全面戦争突入
  • 第5章 かくて秘密和平交渉は失敗した
  • 第6章 両者は何を学んだのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 我々はなぜ戦争をしたのか : 米国・ベトナム敵との対話
著作者等 東 大作
書名ヨミ ワレワレ ワ ナゼ センソウ オ シタノカ : ベイコク ベトナム テキ トノ タイワ
書名別名 Wareware wa naze senso o shitanoka
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.3
ページ数 218p
大きさ 20cm
ISBN 4000026402
NCID BA46261119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20056947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想