花見と桜 : <日本的なるもの>再考

白幡洋三郎 著

花見か桜か、どちらが真に日本的なるものか?精神性や悲哀の美学と結びつけられることが多い桜。だが桜だけを見て「花見」に目を向けなくては、日本文化の本質を理解したことにならない。「群桜」「飲食」「群集」の三つを成立条件とする花見は、世界に類のない民衆文化である。本書では、「貴賤上下を超えた共同の幸福の場」としての花見の歴史的・社会学的考察を通して、古来より豊かな社交性で生活に彩りを与えてきた日本人の姿を描き出す。ユニークな「花見論」への挑戦。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「花見」論へ-「桜」の民俗学を超えて
  • 第2章 外国人が見た花見
  • 第3章 世界に花見はあるか
  • 第4章 花見と近世都市江戸-民衆的日本文化の誕生
  • 第5章 花見の文学
  • 第6章 現代社会と花見
  • 終章 花見の根源を考える-社会人類学・社会心理学的花見論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花見と桜 : <日本的なるもの>再考
著作者等 白幡 洋三郎
書名ヨミ ハナミ ト サクラ : ニホンテキナル モノ サイコウ
書名別名 Hanami to sakura
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2000.4
ページ数 234, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4569610633
NCID BA46046488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20052307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想