楽譜でわかるクラシック音楽の歴史

広瀬大介 著

作曲家が得意とした音楽様式上の特徴を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前古典派
  • 古典派(ソナタ形式の確立
  • 「オペラ改革」からモーツァルトへ
  • ベートーヴェンの交響曲・室内楽曲:近代への過渡期と「芸術家」概念)
  • ロマン派(「ロマン派」という言葉:ドイツ歌曲
  • 19世紀のピアノ音楽
  • 交響曲から交響詩へ
  • イタリア・オペラ:ベル・カントからヴェルディへ
  • ドイツ・オペラ:総合芸術としての「楽劇」
  • 交響曲・協奏曲・室内楽曲の行く末
  • ロシアの「国民楽派」)
  • 20世紀(大管弦楽作品と機能和声の解体
  • 印象主義、原始主義
  • 新ウィーン楽派と音楽の未来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楽譜でわかるクラシック音楽の歴史
著作者等 広瀬 大介
書名ヨミ ガクフ デ ワカル クラシック オンガク ノ レキシ : コテンハ ロマンハ ニジッセイキ ノ オンガク : サッキョクカ ガ トクイ ト シタ オンガク ヨウシキジョウ ノ トクチョウ オ ヨミトク
書名別名 LEARNING BY EXAMPLES HISTORY OF WESTERN MUSIC

LEARNING BY EXAMPLES HISTORY OF WESTERN MUSIC : 古典派・ロマン派・20世紀の音楽 : 作曲家が得意とした音楽様式上の特徴を読み解く
出版元 音楽之友社
刊行年月 2014.7
ページ数 158p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-276-11018-2
NCID BB15871349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22441988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想