Effects of glucose removal and readmission on potassium contracture in the guinea-pig taenia coli

by Takai A

この本の情報

書名 Effects of glucose removal and readmission on potassium contracture in the guinea-pig taenia coli
著作者等 高井 章
書名別名 モルモット結腸紐のK拘縮に対するグルコース除去・再投与の効果
出版元 [s.n.]
刊行年月 [1984]
ページ数 28 leaves
大きさ 31 cm
NCID BB15860943
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想