阿修羅と大仏

菊地章太 著

インドで生まれた仏教が、仏像・仏画とともに、さまざまな文化と混ざり合い、極東の島国・日本にたどりつく。仏教発祥の地から西へ、さらに北へ東へと伝播された信仰の軌跡をたどることで、これまで日本人が知らなかった源流からの変遷の過程と最終形としての仏像・仏画の真の姿が見えてくる。奈良の名刹・古寺案内、古仏巡礼の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中宮寺シンクロナイズ半跏思惟像-流転する「考える人」(それは常識なのか
  • 名称は二転三転する ほか)
  • 第2章 當麻寺サンセット浄土曼陀羅-夢を物語につむぐ(不思議の寺から
  • 岩に刻まれた仏たち ほか)
  • 第3章 興福寺フェスタ阿修羅(上)-中央アジアのオアシス都市から(不死の霊薬を求めて
  • 荒ぶるものの姿 ほか)
  • 第4章 興福寺フェスタ阿修羅(下)-東のはての地の静寂(ユーラシアを横断する獅子頭
  • あまたの天人のひとり ほか)
  • 第5章 東大寺コスモロジー大仏-ユーラシアの終着駅へ(大宇宙のブッダ
  • 完全な消滅という理想 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿修羅と大仏
著作者等 菊地 章太
書名ヨミ アシュラ ト ダイブツ
書名別名 Ashura to daibutsu
シリーズ名 幻冬舎ルネッサンス新書 き-3-1
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2014.6
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7790-6105-9
NCID BB16037882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22435489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想