天に誓って「南京大虐殺」はあったのか

大川隆法 著

死後10年目、衝撃の告白!私は、政治利用されていただけだった…。すべては、「天安門事件」を隠蔽したい中国と、「東京大空襲・原爆投下」の罪悪感払拭を狙うアメリカから、"虚偽の事実"を"つかまされた"ことからはじまった-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「日本悪玉論」の"張本人"に訊く
  • 「私は、殺された!」
  • 『ザ・レイプ・オブ・南京』の"仕掛け人"は誰か?
  • 「南京で三十五万人虐殺」説はウソだった
  • 「アメリカの日本叩きに使われた」
  • つくられた「三十万人」という数の真相
  • 「薬漬けにされて、自殺するように仕向けられた」
  • 著書『ザ・レイプ・オブ・南京』の隠された背景とは
  • アイリス・チャンが「死後に見た真実」とは
  • 「私の本を絶版にしてほしい」
  • 「南京大虐殺はなかった。ごめんなさい」
  • アイリス・チャンの霊言を終えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天に誓って「南京大虐殺」はあったのか
著作者等 大川 隆法
書名ヨミ テン ニ チカッテ ナンキン ダイギャクサツ ワ アッタ ノカ : ザ レイプ オブ ナンキン チョシャ アイリス チャン ノ レイゲン
書名別名 『ザ・レイプ・オブ・南京』著者アイリス・チャンの霊言
シリーズ名 公開霊言シリーズ
OR BOOKS
出版元 幸福の科学
刊行年月 2014.6
ページ数 155p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86395-489-2
全国書誌番号
22420371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想