脊髄臨床神経学ノート

福武敏夫 著

[目次]

  • 第1部 脊髄脊椎疾患(脊髄脊椎の症候学
  • 脊髄脊椎疾患と内科
  • 脊髄脊椎疾患)
  • 第2部 脊髄脊椎疾患と脳疾患および他の神経疾患との鑑別-提示症例を通して(脳梗塞による単独一側肩麻痺(isolated shoulder paresis)
  • 脳梗塞による偽性尺骨神経症候群(pseudo‐ulnar syndrome)-頚椎椎間板ヘルニア合併例での検討
  • 脊髄脊椎疾患と紛らわしい脳梗塞による上肢運動障害-観念運動失行と視覚性運動失調
  • 脊髄性ミオクローヌス?
  • 甲状腺疾患と脊髄脊椎疾患
  • 頚部以下のしびれで2度も脊髄脊椎疾患との鑑別が問題になった症例
  • HNPPをご存じ?
  • 紅く腫れて痛い手足-脊椎由来なのか末梢神経由来なのかあるいは全身疾患か?
  • Restless legs症候群と帯状疱疹を疑え
  • 全身けいれん後の四肢麻痺-Todd麻痺と誤ってはならない
  • 脊髄損傷患者の全身けいれん)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脊髄臨床神経学ノート
著作者等 福武 敏夫
書名ヨミ セキズイ リンショウ シンケイガク ノート : セキズイ カラ ノウ エ
書名別名 脊髄から脳へ
出版元 三輪書店
刊行年月 2014.6
ページ数 362p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-89590-482-7
NCID BB15913609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22438009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想