中世武家の作法

二木謙一 著

人はいつから畳の縁を踏めなくなったのか。弓馬や軍陣のしきたりを始め、立居振舞い、手紙の書式などの作法を故実というが、室町期の武家故実を通して中世武士の姿や動作、人生儀礼を生き生きと甦らせる類のない一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 弓馬軍陣の作法(弓矢
  • 軍陣)
  • 第2 武家奉公の作法(殿中
  • 御供
  • 酒食饗応)
  • 第3 室町幕府の格式と作法(格式の成立
  • 将軍御対面儀礼
  • 身分格式による規定)
  • 第4 人生儀礼の作法(誕生祝
  • 成育祝
  • 成人祝
  • 婚礼)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世武家の作法
著作者等 二木 謙一
日本歴史学会
書名ヨミ チュウセイ ブケ ノ サホウ
シリーズ名 日本歴史叢書 : 新装版 / 日本歴史学会 編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.12
版表示 新装版
ページ数 262, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4642066578
NCID BA44655634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20047895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想