モーツァルト

礒山雅 著

驚異の神童として名を轟かせながら、貧困のうちに不遇の晩年を送った天才作曲家-世に広く根付いているモーツァルトの姿は、誇張されたフィクションだった!新たな視点から資料を読み直すことにより、作品がその生涯と手をたずさえ、ますます美しい輝きを獲得してゆく。才能を誇りとも重荷ともしながら、史上初のフリー音楽家として各ジャンルに革新をもたらした青年音楽家が、苦闘の末、野心から解き放たれて満ち足りた調べを奏でるまで。知られざる真の姿をあざやかに描く。厳選15の名曲・名盤紹介つきのモーツァルト入門決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生涯
  • 第2章 「貧しいモーツァルト」というフィクション
  • 第3章 最後の年一七九一年(1)-開かれた扉
  • 第4章 最後の年一七九一年(2)-終息に向けて
  • 第5章 伝記はどう作られたか
  • 第6章 自分でつけた作品目録
  • 第7章 歌曲に秘められたドラマ
  • 第8章 オペラにおける人間描写-フィオルディリージの場合
  • 第9章 発展する交響曲
  • 第10章 モーツァルトとバッハ
  • モーツァルトを知るための15曲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モーツァルト
著作者等 礒山 雅
書名ヨミ モーツァルト
書名別名 Motsuaruto
シリーズ名 ちくま学芸文庫 イ48-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.6
ページ数 335p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09577-0
NCID BB15765374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22445827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想