平安人の心で「源氏物語」を読む

山本淳子 著

平安貴族の意識と記憶をひもとき、リアルな宮廷社会へと読者を誘う。そこに生きた平安人と同じ心で読めば、『源氏物語』の本当の面白さが、その奥深さが見えてくる。なぜ、宮廷の女君たちは、かくも熱中したのか?平安をひもとく全六十五編!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 光源氏の前半生(一帖「桐壷」-後宮における天皇、きさきたちの愛し方
  • 二帖「帚木」-十七歳の光源氏、人妻を盗む ほか)
  • 第2章 光源氏の晩年(三十四帖「若菜上」前半-紫の上は正妻だったのか
  • 三十四帖「若菜上」後半-千年前のペット愛好家たち ほか)
  • 第3章 光源氏の没後(四十二帖「匂兵部卿」-血と汗と涙の『源氏物語』
  • 四十三帖「紅梅」-左近の"梅"と右近の橘 ほか)
  • 第4章 宇治十帖(四十五帖「橋姫」-乳を奪われた子、乳母子の人生
  • 四十六帖「椎本」-親王という生き方 ほか)
  • 第5章 番外編 深く味はふ『源氏物語』(平安人の占いスタイル
  • 平安貴族の勤怠管理システム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安人の心で「源氏物語」を読む
著作者等 山本 淳子
書名ヨミ ヘイアンビト ノ ココロ デ ゲンジ モノガタリ オ ヨム
書名別名 Heianbito no kokoro de genji monogatari o yomu
シリーズ名 源氏物語 919
朝日選書 919
出版元 朝日新聞
刊行年月 2014.6
ページ数 295,16p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-263019-3
NCID BB1573487X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22427754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想