神経症状の診かた・考えかた

福武敏夫 著

頭の先から足の先まで神経症状をわかりたい人のための"総合神経学"入門。日常診療で遭遇する多彩な神経症状をどう診るか-大学病院と市中病院で神経内科診療に長年携わってきた著者が多数の症例とともに診察・診断のポイントを解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 日常診療で遭遇する患者(頭痛
  • めまい
  • しびれ
  • パーキンソン病とその周辺
  • 物忘れ・デメンチア(認知症)
  • 精神症状、高次脳機能障害
  • 「奇妙」な症状)
  • 第2編 緊急処置が必要な患者(けいれん
  • 意識障害
  • 急性球麻痺
  • 急性四肢麻痺
  • 脳梗塞)
  • 第3編 神経診察のポイントと画像診断のピットフォール(神経学的診察の実際
  • 画像診断のピットフォール)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神経症状の診かた・考えかた
著作者等 福武 敏夫
書名ヨミ シンケイ ショウジョウ ノ ミカタ カンガエカタ : ジェネラル ニューロロジー ノ ススメ
書名別名 General Neurologyのすすめ
出版元 医学書院
刊行年月 2014.5
ページ数 343p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-260-01941-5
NCID BB15754254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22425938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想