風景の無意識

小林敏明 著

フロイトとハイデッガーに共通する核心。不安、死への志向、隠された本来性、命名し難いエス。時代を超えて継承されるドイツ・ロマン主義の精神。フリードリッヒの絵画を介して鮮やかに解き明かすドイツ近代思想の展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 フロイトとハイデッガーをめぐる疑問
  • 第1章 風景の発見
  • 第2章 産出する自然
  • 第3章 光と色彩のアレゴリー
  • 第4章 崇高の美学
  • 第5章 無意識を紡ぎ出す自我
  • 第6章 発掘される民族と彷徨する郷愁
  • 終章 再びフロイトとハイデッガーへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風景の無意識
著作者等 小林 敏明
書名ヨミ フウケイ ノ ムイシキ : シー ディー フリードリッヒ ロン
書名別名 C.D.フリードリッヒ論

Fukei no muishiki
出版元 作品社
刊行年月 2014.5
ページ数 335p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86182-482-1
NCID BB15777067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22428387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想