梅干と日本刀

樋口清之 [著]

地震があっても、なぜ城の石垣は崩れない?世界の酒で、なぜ日本酒だけが温めて飲むのか?西洋は四味、中国は五味。なぜ日本人だけ六つの味がわかるのか?…当の日本人が知らなかった、日本人の知恵と独創をあますところなく紹介し、記録的なベストセラーとなった日本人論!われわれの祖先が積み重ねてきた驚くべき発明と工夫が、本書には満載されています。日本人に勇気と自信を与え、民族の美点を教えてくれた名著が復刊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 日本には古来、すごい"科学"があった-意識せずに、合理的な生活をしてきた日本人(関東の防風林は、なぜケヤキなのか?
  • 水圧を見事に殺す釜無川の信玄堤 ほか)
  • 2章 驚くべき"自然順応"の知恵-それは、日本人の鋭い観察力がもたらした(なぜ、日本の城郭だけが水で囲まれているのか
  • 古代人が絶対に住まなかった谷口扇状地 ほか)
  • 3章 日本人は"独創性"に富んでいる-外来文化の"モノ真似上手"は皮相な見方(外来文化に触発されて新文化を築く
  • ズボン着用の古代人が、なぜ着物を創ったか ほか)
  • 4章 住みよい"人間関係"を作った日本人-日本こそ"女尊男卑"の国だった(日本語の日常用語は世界一の十四万語
  • 人間関係をスムーズにしている敬語と卑語 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 梅干と日本刀
著作者等 樋口 清之
書名ヨミ ウメボシ ト ニホントウ : ニホンジン ノ チエ ト ドクソウ ノ レキシ
書名別名 日本人の知恵と独創の歴史

Umeboshi to nihonto
シリーズ名 祥伝社新書 369
出版元 祥伝社
刊行年月 2014.6
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11369-8
NCID BB15745810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22427200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想