明治の表象空間

松浦寿輝 著

行政制度・法体系・言語システム・博物誌・イデオロギー、そして文学。太政官布告から刑法典まで、教育勅語から国語辞書まで、社会進化論から新聞記事まで、歴史記述から抒情詩まで、諭吉・兆民から一葉まで。明治の言説アーカイヴの総体を、徹底したテクスト読解を通じて横断的に俯瞰し、現在に直結する「表象空間」のダイナミズムを浮かび上がらせる知の決定的大著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「国体」という表象
  • 第1部 権力と言説(予防-内務省と警察(1)
  • 仁愛-内務省と警察(2)
  • 定位-戸籍(1)
  • 逸脱-戸籍(2)
  • 網羅性-新律綱領・刑法(1)
  • 有限性-改定律例・刑法(2)
  • 抽象化-旧刑法・刑法(3)
  • 混淆-漢文体(1)
  • アイロニー-漢文体(2)
  • プラグマティズム-福沢諭吉(1)
  • 啓蒙-福沢諭吉(2)
  • 演戯-中江兆民(1)
  • 地滑り-中江兆民(2)
  • 正論-中江兆民(3)
  • 新旧-中江兆民(4)
  • 暴力-中江兆民(五))
  • 第2部 歴史とイデオロギー(科学-博物学(1)
  • 外圧-博物学(2)
  • 分類-システム(1)
  • 秩序-システム(2)
  • 例外-システム(3)
  • 革命-システム(4)
  • 条理-進歩史観(1)
  • 優劣-進歩史観(2)
  • 不徹底-進歩史観(3)
  • 大勢-進歩史観(4)
  • 天-天皇(1)
  • 転移-天皇(2)
  • 命令-天皇(3)
  • 無比-天皇(4)
  • 快楽-無意識)
  • 第3部 エクリチュールと近代(牢獄-北村透谷(1)
  • 内部-北村透谷(2)
  • 欠如-北村透谷(3)
  • 不可能-北村透谷(3)
  • 奇蹟-樋口一葉(1)
  • 狂気-樋口一葉(2)
  • 婦徳-樋口一葉(3)
  • 禽獣-樋口一葉(4)
  • 過剰-幸田露伴(1)
  • 怪物-幸田露伴(2)
  • 離脱-幸田露伴(3)
  • リアリズム-幸田露伴(4)
  • 現在-福地桜痴(1)
  • 浅薄-福地桜痴(2)
  • 情報-福地桜痴(3))
  • 総括と結論(セリー1=理性
  • セリー2=システム
  • セリー3=時間
  • 結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治の表象空間
著作者等 松浦 寿輝
書名ヨミ メイジ ノ ヒョウショウ クウカン
書名別名 Meiji no hyosho kukan
出版元 新潮社
刊行年月 2014.5
ページ数 735,7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-10-471702-6
NCID BB15695326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22425935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想