哲学者としてのニーチェ

アーサー C.ダント 著 ; 眞田収一郎 訳・解説

ニーチェの名誉回復!いまだ誤解されたナチスの御用哲学者のイメージを払拭すべく、分析哲学の立場から哲学者としてのニーチェを体系だてて述べる一九六五年刊行の古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 哲学的ニヒリズム
  • 第2章 芸術と不合理
  • 第3章 遠近法
  • 第4章 哲学的心理学
  • 第5章 道徳
  • 第6章 宗教的心理学
  • 第7章 超人と永劫回帰
  • 第8章 力への意志

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学者としてのニーチェ
著作者等 Danto, Arthur C.
眞田 収一郎
ダント アーサー・コルマン
書名ヨミ テツガクシャ ト シテ ノ ニーチェ
書名別名 NIETZSCHE AS PHILOSOPHER

Tetsugakusha to shite no niche
出版元 風濤社
刊行年月 2014.6
ページ数 459p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89219-380-4
NCID BB15738520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22424183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想