クジラとともに生きる

岸上伸啓 著

なぜ彼らは、それでも捕鯨を続けるのか。温暖化や反捕鯨運動など厳しい現実が取り巻く極北の村で、捕鯨民の文化と社会の実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 捕鯨文化研究ことはじめ
  • 第2章 調査地バロー社会の全貌を知る
  • 第3章 捕鯨と祭りの日々
  • 第4章 クジラと人の関係、人と人の関係
  • 第5章 クジラの分配と交換
  • 第6章 捕鯨民イヌピアットとグローバリゼーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クジラとともに生きる
著作者等 岸上 伸啓
書名ヨミ クジラ ト トモ ニ イキル : アラスカ センジュウミン ノ ゲンザイ
書名別名 アラスカ先住民の現在

Kujira to tomo ni ikiru
シリーズ名 フィールドワーク選書 / 印東道子, 白川千尋, 関雄二 編 3
出版元 臨川書店
刊行年月 2014.5
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-653-04233-4
NCID BB15615677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22421879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想