誤解学

西成活裕 著

人類が誕生して以来、国家間から男女の仲まで、「誤解」がもとでの悲喜劇は絶えることがない。それは恨み、嫉妬、断絶、争いを呼び、時には歴史を変え、芸術を生み、科学を発展させてもきた。人間とは切っても切り離せない「誤解」の、原因や種類からメカニズム、対策まで、気鋭の渋滞学者が系統立てて考察した前代未聞の書!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誤解とは何か(9つの典型
  • その1・世代間の会話 ほか)
  • 第2章 誤解の理論(ミニマムモデルを考える
  • 困難は分割せよ ほか)
  • 第3章 誤解の原因(コミュニケーションの渋滞
  • 伝え手側の問題 ほか)
  • 第4章 誤解の後で(三つの分類
  • 収束型 ほか)
  • 第5章 誤解と社会(経済と平均値の誤解
  • 相関と因果の誤解 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誤解学
著作者等 西成 活祐
西成 活裕
書名ヨミ ゴカイガク
書名別名 Gokaigaku
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2014.5
ページ数 197p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603746-7
NCID BB15603667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22422254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想