渇きの考古学

スティーヴン・ミズン 著 ; 赤澤威, 森夏樹 訳

有史以前から人類は水との戦いを続けてきた。古代の支配者たちは自らの権勢をより強くするために潅漑システムや水管理の技術を高めようとし、一方で、水の管理に失敗した数多の文明が無残にも崩壊してきた。これからも続く水との戦いにおいて、私たちはその歴史から何を学ぶことができるだろうか。認知考古学の第一人者が綴る、人類と水とのめくるめく興亡史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 渇き-過去を知り、未来の教訓とするために
  • 水革命-レバント地方における水管理の起源(一五〇万年前‐紀元前七〇〇年)
  • 「黒い畑は白くなった/広い平野は塩で窒息した」-水管理とシュメール文明の興亡(紀元前五〇〇〇年‐紀元前一六〇〇年)
  • 「あらゆるものの中で水は最良だ」(テーバイのピンダロス、紀元前四七六年)-ミノア人、ミュケナイ人、古代ギリシア人の水管理(紀元前二一〇〇年‐紀元前一四六年)
  • 水の天国ペトラ-砂漠の達人ナバテア人(紀元前三〇〇年‐紀元一〇六年)
  • 川を作り、入浴する-ローマとコンスタンティノポリス(紀元前四〇〇年‐紀元八〇〇年)
  • ティースプーンを手にした無数の男たち-古代中国の水利事業(紀元前九〇〇年‐紀元九〇七年)
  • 水利都市-アンコールの王たちによる水管理(八〇二年‐一三二七年)
  • あとわずかで文明に-アメリカ南西部ホホカムの潅漑(一年‐一四五〇年)
  • 「睡蓮の怪物」の生と死-水、そしてマヤ文明の興亡(紀元前二〇〇〇年‐紀元一〇〇〇年)
  • 聖なる谷の水の詩-インカ人の水利事業(一二〇〇年‐一五七二年)
  • 癒されない渇き-水について、過去の知識について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渇きの考古学
著作者等 Mithen, Steven J.
森 夏樹
赤沢 威
Mithen Steven
ミズン スティーヴン
書名ヨミ カワキ ノ コウコガク : ミズ オ メグル ジンルイ ノ モノガタリ
書名別名 THIRST

水をめぐる人類のものがたり
出版元 青土社
刊行年月 2014.6
ページ数 478,26p 図版16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6794-6
NCID BB15720150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22424502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想