大西祝選集  3 (倫理学篇)

大西祝 [著] ; 小坂国継 編

『倫理学』は東京専門学校での講義録である。倫理学上の諸説を「直覚説」「形式説」「権力説」「自己的快楽説」「公衆的快楽説」に分類。常識的で身近な道徳観から出発して、順次、東西の学説を吟味・批判し、理想主義的進化説ともいうべき独自の倫理学を構想した。西田幾多郎に大きな影響を与え、日本近代哲学の嚆矢となった。道徳に関する三つの講演を併せて収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 倫理学(倫理学の問題
  • 行為の要素
  • 直覚説
  • 形式説
  • 権力説
  • 自己的快楽説
  • 公衆的快楽説)
  • 倫理学講演(古代希臘の道徳と基督教の道徳
  • 希臘道徳移于基督教道徳之顛末
  • ストアの精神と武士の気風とを比較して我が国民の気質に論じ及ぶ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大西祝選集
著作者等 大西 祝
小坂 国継
書名ヨミ オオニシ ハジメ センシュウ
書名別名 Onishi hajime senshu
シリーズ名 岩波文庫 38-113-3
巻冊次 3 (倫理学篇)
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.5
ページ数 554,2p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-381133-7
NCID BB14012290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22423866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想