論集現代日本の教育史  6

辻本雅史 監修

「戦う人間」を形成・動員するための、一局面である"戦争"と"教育"の関係、その実相に迫る!教育改革/教員養成・教師論/幼児教育・障害児教育/子ども・家族/公共性・ナショナリズム/戦争/身体・メディア-。7つの現代的なアプローチから"教育"の枠組みを越境する!教育史研究と関連領域を接続する重要論考を精選した、新しいリーディングスの登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「戦争と教育」研究の視座と方法(戦後教育史像の再構成
  • 書評寺崎昌男・戦時下教育研究会編『総力戦体制と教育-皇国民「錬成」の理念と実践』
  • 戦時期庶民の心情と論理-昭和戦時体制の担い手の分析
  • 戦場動員
  • 解題(『対訳 小学国語読本巻一〜巻六 地域教育史資料4』)
  • 2 "戦力たり得る者"の序列化(十五年戦争期の静岡県における徴兵適齢者の諸相-文部省の壮丁教育調査をめぐって
  • 戦争と女性
  • 太平洋戦争期の青少年不良化問題
  • 傷痍軍人小学校教員養成所の設立)
  • 3 "献身"調達の諸相(異民族に対する軍事動員と皇民化政策-台湾の軍夫を中心にして
  • 志願兵制度の展開とその意義-日中戦争段階における皇民化政策
  • 動員と統制-日本軍政期のジャワにおけるイスラム宣撫工作について
  • 「満蒙開拓青少年義勇軍」の変容(一九三八〜一九四一年)-「郷土部隊編成」導入の意義)
  • 4 "尽忠報国"の現在(壮丁の思想/悪魔とその子孫
  • あとがき(『ボクラ少国民と戦争応援歌』(改訂版))
  • 疎開学童として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論集現代日本の教育史
著作者等 富山 一郎
久木 幸男
佐藤 秀夫
倉沢 愛子
北村 嘉恵
宮田 節子
山中 恒
廣田 照幸
白取 道博
羽田 貴史
赤沢 史朗
辻本 雅史
近藤 正己
逸見 勝亮
高崎 隆治
高橋 三郎
黒羽 清隆
鈴木 英夫
書名ヨミ ロンシュウ ゲンダイ ニホン ノ キョウイクシ
書名別名 戦争と教育
巻冊次 6
出版元 日本図書センター
刊行年月 2014.5
ページ数 587p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-284-30644-7
NCID BB15557821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22427276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想