論集現代日本の教育史  7

辻本雅史監修

「知」を、いかにして伝えるのか?「メディア」と「知」との相関性を、学ぶ「身体」、学校の「もの」「こと」にも広げて、考える-。教育改革/教員養成・教師論/幼児教育・障害児教育/子ども・家族/公共性・ナショナリズム/戦争/身体・メディア-。7つの現代的なアプローチから"教育"の枠組みを越境する!教育史研究と関連領域を接続する重要論考を精選した、新しいリーディングスの登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 身体(教育システムのなかの身体-貝原益軒における学習と身体-
  • 伝統的な学びと近代教育 ほか)
  • 2 音声・文字・識字(近世社会と識字
  • 文字から見た学習文化の比較 ほか)
  • 3 出版・読書・通信教育(貝原益軒と出版メディア-『大学新疏』編纂と出版の努力-
  • 『経典余師』考 ほか)
  • 4 「もの」と「こと」(教具から見る学校文化
  • 教室の道具立て ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論集現代日本の教育史
著作者等 辻本 雅史
書名ヨミ ロンシュウゲンダイニホンノキョウイクシ
書名別名 身体・メディアと教育

Ronshu gendai nihon no kyoikushi
巻冊次 7
出版元 日本図書センター
刊行年月 2014.5
ページ数 538p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-284-30645-4
NCID BB15558405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22428032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想