悪党

小泉宜右 著

鎌倉時代後期、荘園や流通拠点に現れた体制に逆らう集団であった悪党。年貢や関銭を横領し、武装して幕府や荘園領主、朝廷や寺社本所と抗争を続けた彼らの発生場所、出自、活動の実態を描き、歴史的役割を考える名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概観 鎌倉中末期の政治情勢-悪党発生の背景-
  • 1 悪党の出現
  • 2 発生地域の特質
  • 3 張本の身分と発生原因
  • 4 悪党活動の実態
  • 5 支配者と悪党の対決
  • 6 悪党の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪党
著作者等 小泉 宜右
書名ヨミ アクトウ
シリーズ名 読みなおす日本史
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2014.6
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-06577-1
NCID BB15577807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22417882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想