憲法改正の政治過程

安章浩 著

[目次]

  • 第1章 戦後日本における憲法状況
  • 第2章 近代憲法の成立とその周辺国への波及
  • 第3章 社会主義の挑戦による近代憲法の変容-その象徴としてのワイマール憲法
  • 第4章 憲法概念の多義化による憲法の類型化の必要性と憲法学の成立
  • 第5章 近代憲法の基本価値至上化志向の西ドイツ基本法-「基本価値の化体として憲法」の出現
  • 第6章 「憲法改正の政治過程」の政治力学
  • 第7章 日本国憲法の憲法史的立ち位置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法改正の政治過程
著作者等 安 章浩
書名ヨミ ケンポウ カイセイ ノ セイジ カテイ : ドイツ キンゲンダイ ケンポウ セイジシ カラ ミエテ クル ケンポウ ノ ショソウ
書名別名 ドイツ近現代憲法政治史から見えてくる憲法の諸相

Kenpo kaisei no seiji katei
出版元 学陽書房
刊行年月 2014.5
ページ数 347p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-313-31131-2
NCID BB15644992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22416196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想