シシュフォスの神話

三宅幸夫 著

ワーグナーの楽劇は、何がすごいのか。どうして、人の心をつかむのか。ひとつひとつの音譜を手がかりに、著者は、ワーグナーの包摂する力とがっぷり組んで、精緻に読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ロマン的オペラ三部作(嵐と衝迫-さまよえるオランダ人
  • 思いもかけぬ一撃-タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦 ほか)
  • 第2部 "ニーベルングの指環"四部作(三つの策略-ラインの黄金
  • 予感と現前-ヴァルキューレ ほか)
  • 第3部 その他の楽劇三作(嘆きの調べ-トリスタンとイゾルデ
  • 古さと新しさ-ニュルンベルクのマイスタージンガー ほか)
  • 第4部 ワーグナーへの三つの視点(不幸な概念-示導動機再考
  • 祖型への回帰-パンテトラコルド ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シシュフォスの神話
著作者等 三宅 幸夫
書名ヨミ シシュフォス ノ シンワ : ワーグナー シロン
書名別名 ワーグナー試論
シリーズ名 五柳叢書 100
出版元 五柳書院
刊行年月 2014.5
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-901646-25-3
NCID BB15807703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22417268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想